« 秋空 | トップページ | しるばあこおる しゃぼん玉 歌う会 »

2007年10月 4日 (木)

飼い主のいない猫

地域新聞に「飼い主のいない猫」という記事を見た

ちょっと気になり読んでみた

区の福祉保健センターでは、飼い主のいない生後6ヶ月以上の猫の不妊去勢手術をと呼びかけている

30頭が地域や個人から申し込みを受け 調査ののち決定

メス5千円 オス3千円で手術ができるそうだ 約半額かな

野良猫はみんなに嫌がられる フンをする 食べ物を盗む ゴミを荒らす 夜中に発情してうるさい

でも なんで野良猫がいるんだろう 誰かが捨てるから野良になる 誰って人間だ

たくさん生まれて 自分のところでは飼えないから 誰かが拾って飼ってくれるだろうと捨てる

中には運良くだれかに拾われて幸せな一生を送れる猫もいるかもしれない

でも多くの猫は死ぬか野良になるしかない 猫にとって 不幸なことだ

そういう猫がまたすぐ大きくなってこどもを産む

あっという間に増えてしまうそうだ

猫には罪はない

もしも飼い主のいない猫にえさをやっているやさしい人がいたら この機会に猫に手術を受けさせてほしい

|

« 秋空 | トップページ | しるばあこおる しゃぼん玉 歌う会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋空 | トップページ | しるばあこおる しゃぼん玉 歌う会 »