« 第九合同練習 | トップページ | 深夜~早朝 »

2009年1月 5日 (月)

ジョウビタキ

ジョウビタキという野鳥 雀くらいの大きさで オスの腹はきれいなオレンジ色 翼の黒の中に白いもようがある 頭は白っぽい  渡り鳥 冬になると よく庭の低木にとまって チッチッ と鳴いている きれいな鳥

今日テレビの番組で見たが 小林誠さんと益川敏英さんの あのノーベル賞の賞状の左側が  多分 ジョウビタキのオスとメスの きれいな絵 に見えた

意味があるらしい なんだろう 知りたいな

ちなみに下村脩さんのは海の絵だった 受賞がクラゲの発光物質の研究だったからかな でも下村さんは クラゲの絵じゃなくてガッガリだったとおっしゃっていた

|

« 第九合同練習 | トップページ | 深夜~早朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第九合同練習 | トップページ | 深夜~早朝 »