« ハナニラが | トップページ | 横須賀浦賀・叶神社・燈明堂界隈 »

2010年4月 3日 (土)

東京・目黒川・六義園の桜満開

コーラスの練習が東京なので ついでに 東京の桜を 見てきました

まず目黒川 東横線中目黒の近くで見ました うわさには聞いていましたが まさに素晴らしい桜でした 川があまり大きくないのがいいのですね 両岸から張り出した大きな桜がトンネル状態です どこに川があるか分かりにくいかもSimg_5186

Shimg_5190

Shimg_5173

このあとコーラス練習会場の江古田へ 練習後は誘われて駒込の「六義園」

ここの枝垂桜は エドヒガンの変化したもので 高さ15メートル 幅は20メートルもあり 見事です

植えてから50年だそうです ちょっと信じられない大きさです

Shimg_5315

ちょっとの時間お日様が顔を出してくれました 青空とピンクの桜 うれしいですね

Sr0048104

こちらは違うものです きこさんの好きなアングルですね~

Sr0048157

六義園(りくぎえん)は川越藩主の柳沢吉保が1702年に開園 江戸時代の代表的な大名庭園 明治時代に岩崎弥太郎の別邸となり 1938年に東京市(都)に寄贈 1953年に国の特別名勝に指定

木々が高くそびえ 森林のようです モミジなどの新芽が可愛かった 池にはカモ(キンクロハジロ)が羽を休めていました ここには2度目ですが 桜が見れてチョーラッキーです

帰りに駒込駅でお茶してたら なんと雨が降ってきました 気温も下がってブルブルッ

おまけ

桜の代表的品種のソメイヨシノは この近くで つくられたようです

ソメイヨシノ(染井吉野)は 江戸時代の末期から明治時代に 江戸の染井村(現在の駒込)の造園師や植木職人達によって育成されたものです

ソメイヨシノは エドヒガン系のコマツオトメとオオシマザクラの交配で生まれたサクラの園芸品種

ソメイヨシノは 種ができない特性をもつため 全て人の手による接木などで増やしたもの

ですから 全てのソメイヨシノは一本のソメイヨシノのクローンと言える

ということです  

これを記念して「染井吉野桜記念公園」がつくられました この公園は1997年12月に駒込の駅前広場を地下駐輪場とともに公園として整備され、ソメイヨシノの原種コマツオトメとオオシマザクラも植えられています

 ↓↓↓↓↓↓↓↓    

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ 日本ブログ村へ応援クリックをお願いします!    
にほんブログ村

|

« ハナニラが | トップページ | 横須賀浦賀・叶神社・燈明堂界隈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハナニラが | トップページ | 横須賀浦賀・叶神社・燈明堂界隈 »