« 台風12号&13号 | トップページ | 旧矢沢小跡地公園工事 »

2011年9月 6日 (火)

追浜日産・君津新日鉄工場見学

5日は地域のシニアクラブ史跡巡りの会で工場見学でした

行き先は 日産追浜工場と君津の新日鉄 です

日産追浜工場では いろいろな車を作っている すぐそばで 見学ができます

イヤホーンを貸してくれます 係の方の声がよく聞こえます

Photo_2

すべて受注生産です

注文を受けると関連部品メーカーまで含めた計画をつくり 組み立てラインにちゃんと部品を揃えて着々と作っていきます

車の前方に白い紙が下がっています 注文した方の名前などが書いてあるそうです

これがあると ただ車を作るのでなく ○○様の車を作っているのだという意識にもつながるようです なるほどね~ 

ラインではいろいろな車が同時に作られています なんと電気自動車の「リーフ」もね

ガソリン車と電気自動車ではまるで違うと思うのですが  リーフが流れてくるとバッテリーの部品があって その上に車体が乗っかり ガチャンとねじ止めがされてリーフは次に流れていって その次はガソリン車が流れてくる といった具合です

部品の入った箱が連結され 無人で音楽を流しながら通路をターンして動いています

1台1台の車に つける部品を間違いなく 何か所にも 運ぶのですから すごいですね~

床に黒い線があるところは要注意です 磁力で動いているのかなぁ 不思議!

撮影が禁止なので 写真がなく 口で説明するのは難しい・・・

ラインにはたくさんの人が働いています 2時間でちょっと休憩だそうですが みなさん器用にすごく早く仕事をされています 体力が要る感じです

工場は節電でしょうか けっこう温度が高く 28度かな 働いている方は大変でしょう

車って 人が作るものなんだと あらためて思いました

工場の敷地は広く 次に車を船に乗せるところをバスで見に行きます

途中に職員家族が手植えした木のいっぱいある森みたいなところも通りました 工場と森 いいですね~ 日本鋼管なんて海に森がある感じです

海外向けの車はいっぱい並んでいました 左ハンドルです 船に乗せるときは10センチ間隔で積んでいくそうです サイドミラーはもちろん畳んでですから すごいです 

国内向けは北海道とか九州に行くそうです 

ショールームでは電気自動車のリーフが一番人気です 5人乗り 5ドア 室内はけっこう広い トランクも思ったより広い 今補助を受けて299万円だそうです 家庭の電気で充電できます

ブログ友だちのhideさんが試乗しています ここ→~日々の出来事~リーフ試乗記

Photo

Photo_5

おみやげはミニカーでスカイライン けっこう重くてしっかりしていますPhoto_3  

見学が終わったら 外はゲリラ雨で土砂降りでした

Photo_4

次はアクアラインを通って君津へ向かいます 新日鉄君津製鉄所

Sinnnittetu

広ーい会議室で説明を聞きますSinnnittetu2

本日のスケジュールです おトイレは途中ありませんよSinnnittetu3

ヘルメットと手袋を着用Sinnnittetu1

新日鉄では自分たちの乗ってきたバスで広ーい敷地内を回ります

最初はプラゴミの処理施設の見学です 新日鉄じゃこんなこともやっているのです

一番大変そうなのが分別 一応分別してあってもなかに異物が入っているかのチェックが大変です 人が見て 磁石で調べて・・・

最後は小さく粉砕され密閉無酸素状態で熱分解され 炭化水素油 コークスなどになります

油は トレーやコップテニスのラケット 塗料などの製品にリサイクルされます

コークスなどは工場の燃料に使われます  コークス炉ガスは なんと発電に利用されます

銑鉄をつくる高炉は第四高炉が1番新しいそうで なんともいえない いい格好をしています 近くのものも合わせ なんだかジブリの世界にいるような雰囲気です

車中から見ましたが 撮影禁止で残念

次の工場見学は厚板工場です

この工場は何キロも長ーい建物です ここの一部を階段を上がって上から見ます

銑鉄を四角く平らにした真っ赤なスラブをどんどん叩いて水をかけて延ばして薄く長く延ばしていきます

スラブが近くにくると すごい熱い空気が来ます

叩いて延ばしている音はドンドンとものすごい音です 雷がなっているようです 入って叩かれてまた戻り 叩かれて また戻り と何回も繰り返し だんだん薄く延ばされていきます

まさに 鉄は熱いうちに打て です

2回大きな機械で延ばされ もう1回大きな機械に吸い込まれていき しばらくして出てくると鉄色のグレーの薄板になっていました きれいな色とつやです

工場の道にはしょっちゅう散水車が水を撒いています 鉄カスなどのほこりよけだそうです

このあと郷土の森という 近くのドングリやしいの種をまいて育てたという森のそばを通りました 

工場と町との境目にあります

このあと会議室で質疑応答 いろんな質問が出ました

みなさん熱心です

ついに課長さんみたいな方が出てらっしゃいました

最後に君津の 房総「四季の蔵」に寄って 野菜やおみやげ アルコールを買いこんで帰途につきました なかなか気の利いたいいお店でした

Sinnnittetu5   

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へブログ村に参加中 クリックお願いします!
にほんブログ村

|

« 台風12号&13号 | トップページ | 旧矢沢小跡地公園工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172026/52657377

この記事へのトラックバック一覧です: 追浜日産・君津新日鉄工場見学:

» ハウスクリーニング全般 Witch House ウィッチハウス [Witch House ウィッチハウス]
お掃除、お部屋のコーディネート、KEA家具のご相談、各種ご依頼、お見積りなど、お問い合わせはお気軽にどうぞ! [続きを読む]

受信: 2011年9月 6日 (火) 19:24

« 台風12号&13号 | トップページ | 旧矢沢小跡地公園工事 »