« 矢沢なかよし公園 | トップページ | ゴールデンウエーブin横浜 »

2012年3月 8日 (木)

東日本大震災追悼「メサイア」演奏会

3月11日が近づいてきました

それぞれの胸の中で あの日のことを様々に思い出されているのではないかと思います

忘れられない記憶です

そして東日本大震災追悼コンサート「メサイア」演奏会がやってきます 

まさに あの3月11日14時46分に「黙祷」からコンサートは始まる予定です

区内の合唱団に所属していても大曲はなかなか歌うことは難しい しかしみんなでやればできるだろうと あしかけ5年かけて音協特別事業として「メサイア」の練習を続けてきたわたしたち

その集大成のコンサートの日にちが2012年3月11日と決まったのは あの大災害より前でした

まさか こんなたいへんな日と同じ日だとは 

いろいろ勉強していくうちに ヘンデル作曲オラトリオ 「メサイア」 という曲は「キリストの一生のうち降誕・受難・復活」を歌った壮大な曲であること

3月11日はキリスト教の受難節中であること などがわかってきました

キリストは待ち望まれて人々のために世に遣わされた神のひとり子なのですが その人間の愚かさのゆえに とらえられ鞭打たれ 自分がかけられる十字架を背負って ゴルゴダの丘を喘ぎながらのぼっていく 十字架の上では人々に「神の子なら神に頼んで助けてもらえばいい」とののしられ 苦しみながら命を落とされる しかし3日後によみがえるのです 復活です 永遠のいのちです

こんな内容の曲を受難節の期間中にしかも3月11日に歌うことが 1年以上も前から決まっていた 

これは なんだか運命のようなものを感じずには おれません

大震災追悼コンサートにと だれいうともなくなりました

ヘンデルがこの「メサイア」を初演した地 アイルランドのダブリンでも 同じ日に「メサイア」の演奏会が日本人によって計画されています (こちらのテノールソリストの辻 裕久さんのお兄さんの辻 秀幸さんの催しだそうです)(辻ご兄弟のお父様の故辻 正行さんには 前にご一緒したことがありました)

オーケストラ チェンバロ オルガンまでついて 一流の指揮者 ソリストもすごい方がたが勢ぞろいです

メサイア演奏会は指揮者によってまるで違う音楽になります 榊原 哲指揮メサイアどんな感じになることでしょうか メサイア通の方もそのあたりを感じていただければと思います

けっこうご存じない方も多いのですが 有名な「ハレルヤコーラス」はこの「メサイア」の中の1曲です 2部の最後に出てきます ついでに終曲の「アーメンコーラス」も有名です

この日 私は裏方でなく 出演させていただけることになりました

チケットはまだ少しあるようです よろしかったら お出かけください

Messiahh

おまけです

福島原発1号からたったの1キロしかはなれていないところに住んでいた叔母(母の妹)が2012年3月11日に「100歳」 になります

叔母は戦争 子育て 教職 そして99歳の誕生日に地震 原発 これを経験して ことし100歳 です

すごい! 今は群馬で避難生活中 母の最後の年をとっくに越しました

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へブログ村に参加中 クリックお願いします!
にほんブログ村

|

« 矢沢なかよし公園 | トップページ | ゴールデンウエーブin横浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 矢沢なかよし公園 | トップページ | ゴールデンウエーブin横浜 »