« 月曜日は | トップページ | カマキリさんに遭遇 »

2012年9月27日 (木)

三浦半島バス旅行

26日(水) 史跡巡りクラブでバス旅行

頼朝に加勢 関東地方の一大勢力であった三浦氏一族の足跡の一部をたどります

いまではひなびた三浦半島の片隅に 立派な仏像があるのは 当時 いかに三浦氏が栄えていたかの証拠でもあるなぁと思ったことでした

ちなみに横須賀市のホームページに三浦一族のことが書かれていたので ご興味のある方はどうぞ ここ 

S926dsc02629

お寺の屋根には三浦の家紋(清雲寺)

ここには 小さい菩薩さま 滝をバックに立てひざ という お色気たっぷりのお姿 めずらしい

S926dsc02639

こんな看板に惹かれます(満願寺)

満願寺ではお話上手な住職さまが説明してくださいました

尖閣諸島など 時局の話もあり 具体的で 興味深い内容でした

日本人の宗教観 特に強烈に信仰心はなくとも 倫理観というか 人の物をとってはいけないとか 物 自然への感謝の気持ちなど 外国人は驚くらしい

ここの仏像は 運慶の証明はないのだが 運慶工房が作ったようで 見た目は運慶 運慶作といってもいいそうです

S926dsc02595

彼岸花が咲いていました 手前は白い萩(満昌寺)

S926dsc02603_2

よりそって(満昌寺) ここには三浦氏のお墓 坐像があります

S926dsc02647

おきつね一家(満願寺)

S926dsc02787

1円切手でおなじみ 前島 密 のお墓 晩年はここにお住まいだったそうです

富士山のよく見える場所に 富士の形のお墓

江戸時代は民営でばらばらだった郵便事業を 明治時代に 郵政国営化に尽力された方

それが なんと同じ横須賀出身の小泉純一郎によって郵政民営化が行われたわけで

なんともいやはや お墓の中の前島さんは何を思っているのだろうか(浄楽寺)

926sdsc02804

運慶作の仏像はこの収蔵庫の中に5体いらっしゃいました 思ったより大きい

毘沙門天が踏んづけている邪鬼のお顔が可愛くて 印象的だった

元は本堂にあったそうですが 運慶作とわかってからは この収蔵庫にお引っ越ししたそうです(浄楽寺)

仏像はすべて撮影禁止ですので 画像がないのが残念

今日拝観した仏像などは すべて予約しないと見ることはできません

S926dsc02683

ソレイユの丘です 

元自衛隊の施設だったものが 7年前に南仏をイメージした体験型のレジャーパークに生まれかわりました 中は農場 牧場 乗り物 街などに分かれています

S926dsc02689

園の中でも農作業中 レストランで使われる野菜は自家製だそうです

S926dsc02679

S926dsc02675 

昼食はこの中の レストラン「プロヴァンス」で 

あれっ予定の白身魚のムニエルじゃない ・・ ・・ ちょっとがっかり

揚げ物はやめてって頼んだのに・・・・・・ 揚げ物ばっかり・・

S926dsc02764

アルパカのお散歩

S926dsc02693

最後の海軍大将井上成美宅跡へ出発 ここから徒歩15分くらいのところ 

S926dsc02703

途中の農地ではトラクター作業中

926sdsc02717

井上成美記念館 ありました

でも

S926dsc02718

休館中でした

S926dsc02728

看板もなく 道路からでは それとは わかりませんね どなたかお住まいです

S926dsc02735

帰り道 目の前に突然トラクター登場!

S926dsc02738

みんな びっくり です

最後の予定場所 森戸神社

大型バスはあの近くの道路は通れないそうで 断念 狭かったものね

なにはともあれ無事にバス旅行終了 幹事はホッ

帰宅後 いつものところで

夕焼けがきれいでした

926sdsc02822

このあと

楽友合唱団の練習におでかけ 一瞬睡魔におそわれたcoldsweats01

 ←クリックお願いします!
にほんブログ村

|

« 月曜日は | トップページ | カマキリさんに遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月曜日は | トップページ | カマキリさんに遭遇 »