« 「さくらラウンジ」クリスマスコンサート | トップページ | 横須賀のメサイア »

2012年12月16日 (日)

紀尾井ホールへ

12月16日 紀尾井ホールにコンサートを聞きに

初めての場所 緊張です

JR東京で乗換 中央線快速で 四ツ谷へ

降りて 方向間違えちゃった これが一番難しい 

途中で親子連れに道を聞き 引き返します

ここでいいのかなぁ また警備員さんに聞いて やっと到着

前半は昔歌ったことのある懐かしい曲ばかり ほっこりします

後半はハープ ホルン と一緒にブラームス 

こういう楽器は人間の声と合いますね~

最後は委嘱作曲の曲 作曲家の新実徳英さんも見えてられました

もう新しい楽譜ができていて この日発売だそうです

川崎 洋作詞 「海を想う」

「背の高い人ほど 水平線は遠くなる」 こんな詩にも 惹かれます

ホール内部

12163

帰り道 こんなものが

12164

そうそう この辺りは 紀州家 尾張家 井伊家 御三家のお屋敷があって 紀尾井町になったとか

ステキな地名です

行きに いたち川で見た景色

銀杏も桜も みな枯れ木になって・・・・

12161

かわっぷちの道

12162

 ←クリックお願いしますね!
にほんブログ村

|

« 「さくらラウンジ」クリスマスコンサート | トップページ | 横須賀のメサイア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「さくらラウンジ」クリスマスコンサート | トップページ | 横須賀のメサイア »