« 怪しいメール | トップページ | 悲報が »

2017年12月 6日 (水)

両国界隈 北斎美術館へ

12月5日
地元史跡クラブで 好天のもと東京へ行ってきました
大型バスは満席
ガイドさんの案内で8人1組で両国界隈を歩きます
音声イヤホンを貸してくれて ガイドさんの声がよく聞こえます
両国は相撲も有名ですが 赤穂浪士討ち入りの場所でもあり
葛飾北斎生誕 の地でもあります
因みに 両国とは 隅田川にかかる橋の名前から
武蔵国と下総の間にある隅田川に最初に作られた本格的な橋
それまで船でしか行き来できなかったのが 将軍徳川家綱の時代に 橋でつながったのを喜んで 両国橋と名付けられたそう 
両国国技館
お相撲さんは 九州巡業中で ほとんど見かけませんでした
Adsc02593
全景が撮れなくて・・
Adsc02595_2
すぐ近くに
こんな ところが
本物と同じ土俵です
Adsc02605_2
Adsc02613
両国界隈は
銀杏がほんとうに きれい!
東京都のマークになるわけです
ここは 大泥棒 ねずみ小僧のお墓のそば
Adsc02397
街中には
北斎がどこにでもあります
ここは 生誕の地
Adsc02529
昼食は
第1ホテルのランチビュッフェ
Bdsc02520
景色も素晴らしい
Adsc02499_2
昼食後
すみだ北斎美術館へ ※すみだ北斎美術館
おもしろい形の建物です
この前に遊具があって チケットが配られるまでの間
元こどもたちが 挑戦中
遠くに来ると 童心に帰るらしい
Sdsc02535
常設展
こんな大きなのも
これをバックにパチリと撮りましたよhappy01
Aimg_4412
館内の展示物
北斎が絵を書いています リアルです 
よくできていて 本物みたい 時々動く!
北斎84歳 娘の阿栄と住んでいました 門人の露木為一がその様子を絵に描いており その絵を元に人形にしたものです
Adsc02546
北斎を堪能後
東京の 夕景を観賞しながら
帰途につきます
Adsc02832
鶴見近辺で 富士山も見えました
Adsc02897
天気良し 昼食良し 企画良し
大満足の一日となりました
お世話いただいた 幹事のみなさまに感謝sign03
happy01
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログ村に参加中!
↑↑↑↑↑↑↑
応援クリック 1日1回お願いしますhappy01
いつもありがとうございますhappy01 

|

« 怪しいメール | トップページ | 悲報が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怪しいメール | トップページ | 悲報が »