おでかけ

2018年4月 3日 (火)

山奥の桃源郷!

桃源郷ってどこ?
2日に行った 松田町の最明寺史跡公園(さいみょうじしせきこうえん)です
当初7日の予定でしたが 繰り上がりました
行く前は 期待感は薄く 近辺の桜は葉桜になっているわけだし きっともう見ごろは過ぎているのかな
なんて 思っていましたが
現地に着くと とんでも ありません
ハクモクレンもソメイヨシノも しだれ桜も桃も山吹もレンギョウもシャガも全部見ごろ
池にはカモさんがいたり野鳥のさえずりが聞こえ
もうもう 山の奥のこの公園の素晴らしい景色にすっかり酔ってしまいました
いい時期に行けてよかったhappy01
東名を大井町田で下りて チェックメイトというゴルフ場を目指し進みます
入口を入り ずっと登って ゴルフ場の入口で標識にしたがって左折 細い道をくにゃくにゃ行くとやっと到着
バス便がなく 歩きか車でしか行かれない 不便な山奥です
もともと大昔は最明寺という大きなお寺があり にぎやかな村だったそうですが 戦火で焼け落ちたりということで お寺は大井町に立派なのを作って 移ったそうですが お寺の跡地を地元の方々が守ってきたという由緒だそうです
Sp1300600
案内板
Dsc06957
池の周り
Dsc06927
ソメイヨシノも風でパラパラという程度
Dsc06952
このしだれコヒガンがこの日開花
Dsc06947
青い空も!
Dsc06901
この池の右側に小高い丘があり
けっこう急坂ですが 上まで登ると
運がよければ 富士山が見えるとか
山用の靴がおすすめです
山の上には大島さくらの大木が見事でした
近くにはハイキングコースもあり 山の格好の方々も多く カメラ組と家族連れでした
もう何日か見ごろは続くと思われます
アクセス
(1)小田急線新松田駅からバスで10分
松田山入口から徒歩で90分
(2)小田急線新松田駅から徒歩で120分(西平畑公園を経由)
happy01
ブログ村に参加中happy01
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
1日1クリックで応援してねhappy01 

| | コメント (0)

2018年3月19日 (月)

築地

18日 コンサートの前にちょっと 築地に寄りました
コンサート会場 浜離宮朝日ホールのすぐ近くです
Adsc05976
実は 前に行ったことのある 寿司屋に行こうと思ったのです
そのお店は なかった・・・ 工事中になっていました
やむなく 通りの呼び込み中のお店で 1人前1200円のお寿司を食べました
おなかいっぱい!です
災害があったら 助からないだろうな って感じのお店です
次回来たら 多分ないだろう・・・
築地は人でいっぱい
Adsc05974
マグロの解体だ
Adsc05960
Ahdsc05962
波除稲荷神社
Adsc05969
ちょこっとの 築地でした
happy01
ブログ村に参加中happy01
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
1日1クリックで応援してねhappy01

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

松田 ロウバイ園 桜まつりへ

地元シニアクラブ ウォーキングサークルで松田町へ
道中富士山がバッチリ見えて 期待感が盛り上がります
Adsc04707
 
Adsc04709
松田町 寄(やどろき)ロウバイ園
初めて行きましたが ロウバイは満開 感動的でした
平成17年に卒業記念に250本を植えたのを始まりに 11年かかって2万本以上のロウバイが植えられています
園内は斜度がけっこうきつかったけど 風もなく ロウバイのいい匂いに包まれて 帰るのがもったいない感じでした
Adsc04715 
 
Adsc04717
 
Bimg_8902
 
Adsc04716
 
Aimg_8963
 
Aimg_8968
ロウバイ色のカメラマン!
すごい!花に色を合わせていますね!
Bimg_8905
即売も
Bimg_8901
ロウバイもあちこちのお庭に見かけますが こんなにいっぱいあると 違う花に見えてしまいますね
cherryblossom
さて
ロウバイを堪能したあとは 夢庵で昼食restaurant
西中畑公園の河津さくらを見に行きます
大型バスはヘアピンカーブを曲がれないらしく ぎゅうぎゅう詰めの乗り合いのバスに39人! 乗り換えて上へあがります
桜は3分咲きといったところでしょうか
下の方はけっこう咲いていますが 上の方はまだまだです
Aimg_9046
 
Aimg_9048
 
Aimg_9096
富士山と一緒に撮りたい!
でも つぼみ・・
Aimg_9045
咲いていたら いい感じ
Aimg_9021
なのに・・
Aimg_9024
あれっ
すべり台の上で写真撮ってる この方は
ロウバイ色のカメラマンでしょうか?
Bimg_9085
このあと
アサヒビールの工場見学!
試飲のビールを 3杯!もいただいて
beerスーパードライbeer黒ビールbeerプレミアム
大満足で 暗くなったわが町へ帰りました
青空と富士山 きれいだったロウバイ
幹事のみなさまに 感謝ですhappy01
松田町ホームページ (ロウバイ 桜 両方載っています)
happy01
ブログ村に参加しています
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
1日1クリックで応援してねhappy01 

| | コメント (0)

2017年12月 6日 (水)

両国界隈 北斎美術館へ

12月5日
地元史跡クラブで 好天のもと東京へ行ってきました
大型バスは満席
ガイドさんの案内で8人1組で両国界隈を歩きます
音声イヤホンを貸してくれて ガイドさんの声がよく聞こえます
両国は相撲も有名ですが 赤穂浪士討ち入りの場所でもあり
葛飾北斎生誕 の地でもあります
因みに 両国とは 隅田川にかかる橋の名前から
武蔵国と下総の間にある隅田川に最初に作られた本格的な橋
それまで船でしか行き来できなかったのが 将軍徳川家綱の時代に 橋でつながったのを喜んで 両国橋と名付けられたそう 
両国国技館
お相撲さんは 九州巡業中で ほとんど見かけませんでした
Adsc02593
全景が撮れなくて・・
Adsc02595_2
すぐ近くに
こんな ところが
本物と同じ土俵です
Adsc02605_2
Adsc02613
両国界隈は
銀杏がほんとうに きれい!
東京都のマークになるわけです
ここは 大泥棒 ねずみ小僧のお墓のそば
Adsc02397
街中には
北斎がどこにでもあります
ここは 生誕の地
Adsc02529
昼食は
第1ホテルのランチビュッフェ
Bdsc02520
景色も素晴らしい
Adsc02499_2
昼食後
すみだ北斎美術館へ ※すみだ北斎美術館
おもしろい形の建物です
この前に遊具があって チケットが配られるまでの間
元こどもたちが 挑戦中
遠くに来ると 童心に帰るらしい
Sdsc02535
常設展
こんな大きなのも
これをバックにパチリと撮りましたよhappy01
Aimg_4412
館内の展示物
北斎が絵を書いています リアルです 
よくできていて 本物みたい 時々動く!
北斎84歳 娘の阿栄と住んでいました 門人の露木為一がその様子を絵に描いており その絵を元に人形にしたものです
Adsc02546
北斎を堪能後
東京の 夕景を観賞しながら
帰途につきます
Adsc02832
鶴見近辺で 富士山も見えました
Adsc02897
天気良し 昼食良し 企画良し
大満足の一日となりました
お世話いただいた 幹事のみなさまに感謝sign03
happy01
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログ村に参加中!
↑↑↑↑↑↑↑
応援クリック 1日1回お願いしますhappy01
いつもありがとうございますhappy01 

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

碓氷峠4 鉄道文化むら

11月9日 碓氷峠行き 
最後の目的地
鉄道文化むら ※碓氷峠鉄道文化むら
急こう配の碓氷峠を通るために 様々な道を作る 鉄道を作る
この歴史などを見せてくれる 鉄道のテーマパークです
おとなもこどもも楽しめるものがたくさん ありました
横川駅のすぐそばです
お子様むけの遊具
Aimg_5200
奥に なにかありますね
行ってみましょう!
Aimg_5202
電気機関車
Aimg_5209
運転席に入れます
Aimg_5207
ヘッドマークだ
Aimg_5215
これは古いアプトの電車らしい
Aimg_5222_2
これで
アプト軌道と噛み合うのかな
 
Aimg_5226
はい デゴイチ です
Adsc01619
このほかにも
たくさんの電車などが あります
train
園周を回る あぷと君
これに乗って 一周しました
Aimg_5321
出発!
ポーッと汽笛一声
Aimg_5249
いい感じです
Aimg_5268
文化むら正面の上からですね
Aimg_5297
いろんな 電車がいっぱいいっぱい並んでる!
楽しかったtrain
Aimg_5312
でもこちらのミニSLも気になります
Aimg_5323
高性能の無煙炭で走ります
ああいい匂い!
乗ってみよう!
Aimg_5330_2
この際
乗っちゃおう と
昔のこどもたち
乗車ですhappy01
Aimg_0025_h
次の方々も
なんと11人も乗っていますhappy01
楽しそうで
見ている方も笑顔ですhappy01
Adsc01633t
モミジの中に
あぷと君がいます
Aimg_5338
あれっ
回りだした
Aimg_5346
ここ
転車台だったのか
Aimg_5348
グルグル
Aimg_5350
180度回りました
Aimg_5352
乗務員が押していきます
Aimg_5354
だんだん
見えなくなる
Aimg_5355
いい景色を
偶然見れました
Aimg_5356
うれしくて
私のカメラも
グルグル と
Aimg_5360
秋の碓氷峠満喫のバス日帰り旅行
企画から始まって 当日も お世話くださった幹事さん
ほんとうに お世話様 (´▽`)アリガト!でした
happy01
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログ村に参加中!
↑↑↑↑↑↑↑
応援クリック 1日1回お願いしますhappy01
いつもありがとうございますhappy01
 

| | コメント (2)

碓氷峠へ3

めがね橋の近くで 仲間にはぐれ 一人になってしまいましたが
トンネルを3つ通ってから 碓氷湖に下りると聞いていましたので 道中を進みます
トンネルを3つ過ぎても 道はまだまだ続きます
少々不安・・
Img_5128_2
木々の影がきれい
Img_5134_2
途中
湖が見えました
Img_5122
ずいぶんいったところで
近ツリ添乗員のお兄さんが 集合時間12時という
看板を持って立っていました
私たちの集合は12時45分
湖が下に見えましたので 下りて行き やっと碓氷湖です
仲間たちは とっくに ついていて
湖を一周しとても よかったようです
でも 時間が30分以上かかるそうで 時間的に無理そうなので
あきらめました
Img_5139
高台に上がりました
Img_5180_4
駐車場近くの山
ここのてっぺんが 雲の影で黒くなっていたのに 気づきませんでした・・
Img_5156_3
さて
いよいよ
横川駅に向かいます
駅のすぐ近くのおぎのやで
峠のかまめし弁当定食
食べる前に撮ればよかったのに・・
Img_5188
神棚の両方に
お写真!
きっと先代でしょう
Aimg_5192
団体客が次々と入り
すごく繁盛してます
信越線横川-軽井沢間が廃線になったとき 気の毒につぶれちゃうのかと思ったものでしたが
今は ドライブイン サービスエリア 道の駅 どこにでもあって すごい繁盛してますね
このあとは
楽しい鉄道文化村へ
続きます
happy01
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログ村に参加中!
↑↑↑↑↑↑↑
応援クリック 1日1回お願いしますhappy01
いつもありがとうございますhappy01

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

碓氷峠へ2

11月9日 碓氷峠へ
行く途中 バスの中から富士山が見えました
上の方が白くなっています
Adsc01575
埼玉 群馬とバスが進み
妙義山が見えてきました
ギザギザの岩肌がすごい山です
Adsc01581
 
Ahimg_4992
途中道の駅 みょうぎで 下仁田ネギをどっさり買い込んで
碓氷峠へ
駐車場から少し下ると
めがね橋が見えてきました
Aimg_5004
だんだん近づいて見えてくるって楽しいです
Aimg_5006
紅葉もきれいです
Aimg_5011
そばに行くと
すごい 大きい!
Adsc01588
橋の上から
Aimg_5077
影も大きい!
Adsc01598_2
橋の上
Aimg_5045_2
青い空に紅葉もきれいです
Aimg_5066
風情のあるトンネル
Aimg_5024_3
トンネルの中から
Aimg_5027_2
これが
おもしろくて
ずっと 撮っていました
Aimg_5080
そのうち
近くに仲間はいなくなり
ちょっと はぐれた感!
また続きます
happy01
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログ村に参加中!
↑↑↑↑↑↑↑
応援クリック 1日1回お願いしますhappy01
いつもありがとうございますhappy01
 

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

碓氷峠へ

史跡クラブで碓氷峠へ
この橋の下から上まで 登ります
フーフーッ
めがね橋
日本最大の4連アーチ式鉄道橋
長さ91メートル 高さ31メートル 明治25年に完成
Sahhimg_5017
橋の上から
アプト軌道跡のトンネルを歩きます
昔は ここを鉄道が通っていたんですねぇ
けっこう 狭い
Simg_5107
いくつものトンネルを通り抜け
Simg_5096
碓氷湖へ
Simg_5179
このあと
鉄道文化村や
おぎのやへ
本日はここまで
happy01
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログ村に参加中!
↑↑↑↑↑↑↑
応援クリック 1日1回お願いしますhappy01
いつもありがとうございますhappy01
 

| | コメント (4)

2017年10月27日 (金)

日本民家園と 旧白洲邸 武相荘へ

24日史跡クラブで川崎市立日本民家園と白洲次郎さんと正子さんが住んでいた旧白洲邸「武相荘」に行ってきました
house川﨑市立日本民家園
日本各地から25棟もの茅葺などの建物が移築され
状態よく保存されており
山の斜面を生かし 自然な感じにできています
昔の日本人の知恵と工夫に感心!
移築は ばらしたたくさんの木材と石に全部番号をふって 前と同じに作るそうで
漆喰や土などは新しいものを使い 相当大変なお仕事だそうです
民家園ガイドさんが とてもよく説明してくれます
日本民家園のほうはカメラトラブルであまり写真がありません・・・・
それでも 少し
Saimg_4794
豪雪地帯では
雪が降り積もると この2階の窓から出入りする
Saimg_4798
降り積もる雪で重くなる板戸が軽々と動く!
そうか そろばんを転がすと ころころ動くのと 同じ原理だ!
わが家にも欲しい!
Saimg_4808
 
house 旧白洲邸 武相荘
Saimg_4860_2
旧白洲邸 武相荘(ぶあいそう)
武蔵と相模の間にあり ぶあいそうという読み方に引っ掛けた面白いネーミングです
町田市鶴川というところにあります
今は瀟洒な住宅が並ぶところですが 戦時中白洲次郎 正子さんが移り住んだ時はほんとに田舎で 東京郊外の農村の古い農家を買い取り 修繕しながら住んでおられたようです
この門を 著名な方々が くぐられたのでしょうね
Sadsc01036
本宅は今も茅葺の屋根です
左の奥の方が白洲次郎さんの書斎になります
ここの家に入るときに入場券のチェックがあります日付なんかも見てるようでした
家の中は撮影禁止です 表示があちこちにあります
Saimg_4891
こんな散策路もありました
Saimg_4894
お庭には
大きな柿の木があり 前々日の台風21号の大風で
葉っぱがいっぱい落ちて 秋の雰囲気むんむん
Saimg_4928
レストラン カフェがあります
Saimg_4902
このお店でおいしいコーヒーを飲んだ方々
「コーヒーはすごくおいしかったのだけど お金を支払うときに 一人づつで払わないでくれとか お釣銭のことで いやなやり取りがあったようで せっかくおいしいコーヒーを飲んで 気分がよかったのに すごく印象が悪くなってしまって残念だった」とか
そうです! ここは「ぶあいそう」不愛想なんですから 仕方ない・・・・
happy01
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログ村に参加中!
↑↑↑↑↑↑↑
応援クリック 1日1回お願いしますhappy01
いつもありがとうございますhappy01

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

小網代の森

12日にウォーキングクラブで行った 小網代の森
三崎口から20分くらいのところにあります
森があり 川があり そして海に流れ込んでいる
これが この一つの谷で実践されている場所なのです
多種多様な生き物が棲んでいます
貴重な自然が残され保護されているところなので 街灯もないのですよ
夜は真っ暗なのでしょうね
よく整備され 歩きやすく
木道のような道がずっと作られ 人間はそこを歩きます
でもトンボが遊んでいたりもします・・
Aimg_2566
引橋の近くから浜に向かっていきます
Aimg_2487
シオカラトンボ
何匹も見ました
Aimg_2501
オニヤンマ
ヤゴから孵ったばかりのようです
近くにヤゴのぬけがらが見えます
Aimg_2520
木がせいせいと大きくなっています
間もなく 浜に出ます
Aimg_2534
浜の近くには
カニの説明
さて
カニのダンスは見れるかな?
Aimg_2541
真ん中にカニがいます
踊っています
チゴカニのようです
思ったより小さい・・
Aimg_2543
近くの小学生たちが
勉強に来ましたので もうちょっと見ていたかったけど
場所を譲りました
Aimg_2548
この穴が
カニの穴らしいのですが
小さい・・・
Aimg_2553
やっと見えてきました
Aimg_2554
拡大
このカニは
ダンスしてません
Aimg_2555
しばらく
カニさん見てましたが
移動始まったころ
おー タマムシがいた
との声
最後まで残っていた私は見れました
きれいでした
こんなところにいるんですねぇ
Aimg_2562
大きな木からツルがきれいに伸びて
みなさん
ターザン ターザン って
Aimg_2564
山道を歩いていると
崖の岩のスキマに
アカテガニの手が見えています
みんなが覗くと 隠れてしまいます
このカニは陸に住み
繁殖は海らしい
こういう いい環境でないと生きていけないそうです
Aimg_2569
シーボニアへの道中でも発見
みんなが行き過ぎてから しばらく待ちました
Adsc00006
昼食会場の
シーボニア
クルーズ船のマリーナのようです
Aimg_2576
ウォーキングはこの後
長者が崎から葉山御用邸近くを歩き 日本画家として著名な山口蓬春記念館へ
この記念館 とてもいいところでしたが 40人という団体がお邪魔するにはキャパが小さかったと少々残念
しおさい公園の近くでした
それにしても 暑かったsweat01sweat01
久しぶりに行ったウォーキングクラブでしたが
バテましたwobbly
小網代の森はまた機会があったらゆっくり行きたいところです
 
happy01
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログ村に参加中!
↑↑↑↑↑↑↑
応援クリック 1日1回お願いしますpig
いつもありがとうございますhappy01
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧