歴史

2017年2月16日 (木)

千葉県市原市埋蔵文化財

いままで 知らなかったのですが
千葉県って 古代遺跡の宝庫なんだそうです
縄文土器や弥生土器などがたくさん発掘されており
なんと奈良県よりはるかに多いそうです
きっと 平らな土地 海が近い などで古代の人々には住みやすいところだったのでしょう
2月14日に市原市埋蔵文化財調査センターに行きました
矢じりとか見るのかなと
あまり期待していなかったのですが
とんでもない たくさんのお宝に びっくりでした
Photo
平成2年市内の埋蔵文化財の調査研究と発掘調査で出土した文化財の整理保存のためつくられました
この真ん中のスペースの狭い空間に たくさんの宝物が展示されていました
ここのホームページに 画像が載っています
いっぱいあって すごいなぁと
学芸員さんが説明してくれましたが ちょっと難しい・・
人物埴輪がいっぱい並んだところは
胸張って 日本一と思います って 
フムフム わかります
こんなんが 土の中から出てきたら すごいですよねぇ
地元の方々の喜び いかばかりでしょう
21412
あとから調べたら これらの埴輪は
なんと埼玉県で作られたとわかったそうで
これをどうやって 運んできたのか~~ ロマンですねぇ
camera
写真は撮っていいということで たくさん撮りました
21401
展示スペース 狭くて寒かった・・
21408
貝塚ってこんなに貝がぎっしりなのね 
この間に土器などがあることもあるようです
21402
やかんみたいです
こんなん あったんですかねぇ
21403
面白い形です
21404
発掘の様子
こんなところから
宝がザクザク スゴイ!
21409
人物埴輪 大きい!
21410_2
イノシシ シカ の埴輪
21411
勾玉ですね
21406
人面付き 
上に穴が開いていて
小さい骨を入れたのではないかとか
21407
外にはこんなものも
21405
なかなか です
pencil
この他に 市原市には上総国分尼寺跡という日本一の史跡もあります
note
happy01
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ブログ村に参加中!
↑↑応援クリックお願いします
いつもありがとうございますhappy01
 

| | コメント (0)

2016年7月20日 (水)

昭和が

大橋巨泉さんが亡くなった
82歳
夜更かしして「11PM」を見て
ちょっぴり大人になった気分だった
先日は
永六輔さん
懐かしい記憶のある「 夢で会いましょう」が再放送されたり
いやでも
当時のころが思い出される
携帯電話もパソコンもなかった
家電話もなかった
連絡は
はがき 電報 呼び出し電話
不便だったけど
別に不便とも思っていなかったなぁ
夢中で生きていた昭和40年代
だんだん
昭和の香りが消えていく

note

   ↑↑↑↑↑↑

日本ブログ村に参加しています!

↑1日1回応援クリックをしていただけるとウレシイですhappy01

| | コメント (0)

2016年2月25日 (木)

二・二六事件

80年前に起きた クーデター未遂事件 

二・二六事件

たしか今の新国立美術館の近くにも歩兵第三連隊の遺構がありました

昨日 NHKの歴史秘話ヒストリーを見たのですが

サスペンス・ドラマのようでした

総理大臣の命を奪おうとする反乱軍 

敵陣の中 押し入れに隠れた総理大臣をいかにして救出するか

こんなことが 80年前にほんとうにあったんですねぇ

身代わりで犠牲になった義理の兄弟や警官を亡くなるまで祀っていた総理大臣

なんだか ホロリとなってしまいました

※NHK歴史秘話ヒストリア 奇跡の脱出劇 

happy01

   ↑↑↑↑↑↑

日本ブログ村に参加しています!

↑1日1回応援クリックをしていただけるとウレシイですhappy01

 

| | コメント (2)

2014年8月14日 (木)

雨に咲く & ペリリュー島 狂気の戦場を見た

曇り 時々雨

今日はそんなお天気でした
咲きだした  高砂ユリ
雨粒が
81401
雨に咲く百合
81402
明日は 終戦記念日 です
1945年 玉音放送の日も この百合は咲いていたのでしょうか
movie
ペリリュー島 狂気の戦場 という番組を見ました
島を死守する  という 命令のもと お互いを殺し合う
しかし 現実はレイテ島に戦闘が移り 忘れられた島となっていた
生き残った方々は アメリカ 日本 ともに90半ば
一生 忘れられずに なにも話せずに 生きてきた という
そのすざまじい様を アメリカのカメラマンが映像に撮っていた
happy01
←ブログ村に参加中! クリックしてねhappy01

| | コメント (2)

2013年5月29日 (水)

義経ゆかりの地を訪ねる

天気予報は雨rain でも 結局降られませんでしたcloud

朝7時に雨が降っていなければ決行でした

起きてみれば 雨は降っていず みなさんに連絡して出かけることに

一行33人の行いが よかったのでしょう

モノレールで 江の島に向かいます 

このあと江ノ電に乗り換えて1駅 腰越で下車 満福寺へ

腰越状 ありました すごい達筆で読めません

弁慶が書いたとも言われますが けっこう大きいものでした

すぐ近くの小動(こゆるぎ)神社へ

太宰治が自殺未遂したとか

また 江ノ電で江の島に

今度はおみやげ屋さん通りをとおって 小田急の江の島に向かいます

これで 1つの目的だった 江の島と名前のついた3つの駅を制覇です

藤沢本町で下車

白旗神社へ向かいます

以前は寒川神社と呼ばれていたが 義経の首がのぼってきたことから源氏の白旗にちなみ 白旗神社となりました

以下 義経物語

腰越から鎌倉に入れられなかった義経は京に戻り 結局奥州藤原氏を頼るが 4代目藤原泰衡の裏切りにより命を落し 義経の首は弁慶のそれとともに鎌倉に送られる

腰越で首実検のあと海に捨てられた首は川をさかのぼり 一夜のうちに今の白旗神社の地に辿り着く

それを聞いた頼朝は寒川神社を白旗神社と改名 ここで義経を祀ることになった

首洗いの井戸もあった

近くの常光寺裏山には よく読めないが 弁慶塚があった

荘厳寺には 義経の位牌があった 白旗大権現と書かれていた

藤沢駅まで国道1号を歩きます

途中 昔風のいい感じの建物があちこちにありました

本日の歩数 約1万1千歩

お疲れさま

当番幹事の我が家はホッと一息です

(写真は後刻入れさせてもらいますね)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ←ブログ村参加中!応援のクリックを!

| | コメント (0)

2013年3月30日 (土)

クラブの総会

3月も末

いよいよ総会のシーズンですね

史跡クラブの総会 ということで 自治会室へ

自治会室 移転後 初めて行きます

えーと

ここから入るのよね

33010

銀行(キャッシュコーナー)は1階にある 警備が来てます

33011

この階段を上がる 足の具合がつらい人にはきつそう

33012

えーと この奥か~

33013

突き当りを左へ えーと もっと 奥かな

33014

また突き当りを右へ

33015

えっ また曲がるの 左へ

おっ ここか! 

違います 

突き当りは学習塾ですよ

33016

その手前左に 入口のドアがありました

ここですね なんだか方向音痴になっちゃいそう

33017

振り返ると トイレがありました

33018

総会後 建物の外に出ると こんな景色 ちょっと前まで ここにグランボアという建物があって 借用の自治会室もその中にあったのですが 取り壊され 当然追い出されました

33019

右側の建物は残っていて

中華料理やさん 日本そばやさんなど 

ないようにみえますが ちゃんと営業しています

33020

ああそうだ 総会は無事終わりました

えーと 40人近くが入れるお部屋 お部屋代1時間1,500円です これって高くない?

自治会直属クラブの所属のクラブ 全員自治会員なのにね

(大体において 1500世帯以上もいる立派な自治会なのに 自治会館がないって どういうこと? 昔 自治会館作るってお金貯めていたはずなのに ある日突然中止 貯めたお金は防災リュックになって各家庭に配られた)

eye

この史跡巡りのクラブは 単独では行けないような いろいろなところに 毎月のように 連れていってくれる 楽しいクラブです

スカイツリーも連れて行ってもらいましたhappy01

近くからバスが出て 近くで下ろしてくれる

ほんとうに 楽です

鎌倉や横浜 東京だと 電車で行きますtrain

だれも儲けないから 会費も安いmoneybag

4月から 11回のおでかけが 計画されています

幹事のみなさま

ありがとうございますhappy01

restaurantきょうのお弁当 お赤飯が特においしかった

33021

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ←ポチッと
にほんブログ村

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

玉縄城と新井城

大船によく聞く地名 玉縄

玉縄城というお城が昔あったそうだ 北条早雲が作ったお城とか

築城500年で 玉縄学習センターにポスターが貼ってあった

Tamanawa2 Tamanawa1

三浦一族をやっつけるためにつくられたとか

で 今月末に史跡巡りサークルで行く三浦半島巡り予定の中に 新井城跡というのがある

よく調べたら なんと玉縄城はこの新井城への道を絶つために作られたそうだ

新井城は兵糧攻め そこに援軍や物資の搬入をさせないために玉縄城を作ったそうだ

新井城は今の油壺マリンパークの場所にあったそうで 城址といっても石碑がひっそり隅にあり三浦道寸義同のお墓があるだけ 当時をほうふつさせるものは何もない

Miurasi3

Miurasi1_2

Miurasi2

Miura5  

マリンパーク案内嬢に聞いても新井城のことすらご存じない

三浦一族終焉の地だった

新井城落城の時は 壮絶なものがあったそうで 海は血で染まり まるで油を流したように見えたため油壺という地名になったそうだ

たまたま 月末に三浦半島にバスで行くため下調べ 下見 地図つくり などやっているので このことを知った

ちなみに 玉縄城のあった場所は 今女子高になり普段見ることはできない

三浦半島の地名に引橋というのがあるが 当時はここにあった橋を引くと新井城に入れなかったそうだ

関東大震災で隆起して今は普通の分かれ道になっている

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ ←クリックお願いねっ!

| | コメント (0)